TOP  > 病腎移植禁止は侵害・・・?

Total Pages 

■無料で遊べる有閑~ゆうかん~ゲーム&占い■


 ← 熱烈なキスで 鼓膜が破裂  | TOP |  ハタハタ卵、拾うと10万円罰金 → 

 スポンサーサイト 

 
--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--) (スポンサー広告) Comment(-) Trackback(-)  No.

   

 病腎移植禁止は侵害・・・? 

 
2008年12月10日 ()
治療のために摘出、修復した腎臓を
別の患者へ移植する「病腎(修復腎)移植」を
厚生労働省と日本移植学会が原則禁止としている問題で、
重度の腎臓病患者ら7人が2008年12月10日、
治療の選択権と生存権を侵害されたとして
学会関係者5人を相手取り、
計5500万円の損害賠償を求める訴えを松山地裁に起こした。

病腎移植の患者が同学会役員に賠償を求め提訴するのは全国で初めて。
年明けには厚労省に対する国家賠償請求も予定している。

原告団は愛媛、香川、広島、岐阜の4県の
透析患者4人と移植患者3人。

訴状などによると原告側は、病腎移植が問題として浮上した
平成18年11月以降、学会役員らが厚労省や学会関係者、
報道機関などに対し、病腎移植の医学的妥当性を否定する発言を
続けたことにより、19年7月、臨床研究以外の病腎移植を
原則禁止するとの厚労省の判断を導いたと主張している。

さらに病腎移植の手術後の経過などをもとに、
同移植の妥当性や有益性を認める専門家が国内外にいることを踏まえ、
「病腎移植は腎臓移植を望む患者にとって非常に有効な治療法」
であると強調。

学会役員らの発言は真実と異なり、
病腎移植が保険診療の適用外とされたことで
手術を受ける機会が大幅に奪われ、
患者の生存権と治療の選択権を妨害する結果を招いたとしている。

被告の一人となった元学会副理事長の
大島伸一氏(現・国立長寿医療センター総長)は
「(私どもの発言が)患者さんらに損害を与えたつもりはないし、
法廷で争う事態になることは非常に悲しく、遺憾に思う」と話している。

患者の治療の選択権をめぐっては、
信仰上の理由で拒否したにもかかわらず輸血が行われた
「エホバの証人輸血拒否訴訟」で最高裁が12年2月、
患者の自己決定権を認める判断を下している。

厚労省は11日にも、国会の超党派議員らで組織する
「修復腎移植を考える超党派の会」の所属議員に対し、
病腎移植についての見解を示すとみられる。

goo ニュース

愛媛県などで発覚した病気の腎臓の移植は、
安全性や有効性の不明な「実験的医療」を
医師たちが独断で行っていた点に本質的な問題がある。
(大阪科学部 増田弘治)

「摘出して捨てられる腎臓を活用して
 生体、死体に次ぐ第3の移植の道を開いた」

宇和島徳洲会病院の万波誠医師(66)らは、そう主張する。
グループが手がけた病気腎移植は1990年以降、40件近いと見られる。
「透析を離脱したい一心だった。移植で元気になり、ありがたい」
と語る患者もいる。

しかし、がんなど病気のあった腎臓を移植して大丈夫か、
移植できるなら摘出は必要だったのかという疑問は厳として残る。

それに加え、ネフローゼ患者から両方の腎臓まで摘出していたことには、
多くの泌尿器科医が仰天している。

大島伸一・日本移植学会副理事長は
「人体実験にほかならない」と厳しく批判する。

もちろん医学の進歩には、新しい薬や技術を人間で試す
段階(臨床研究)が欠かせない。

しかし新しい技術ほど未知の危険をはらんでおり、効果も定かでない。
だから、動物実験なども経たうえで、慎重に進める必要がある。

倫理委員会の審査や、
厳格なインフォームドコンセント(十分な情報提供に基づく同意)は
欠かせない。

結果のデータは論文などで公表し、第三者の批判的検討を受ける。
そうした手順は、世界医師会の「ヘルシンキ宣言」などで確立した
医療倫理の国際的原則だ。
欧米諸国は、その順守を法律などで徹底している。

ところが病気腎移植では、
一足飛びに「実験的治療」が密室で続けられていた。
「摘出患者、移植患者の双方に十分説明して同意を得ていた」
と万波医師らは言うが、腎臓提供の同意文書はごく一部しかなく、
病気腎と知らずに移植を受けた患者もいる。

問題発覚後も うろ覚えの件数や病名しか公表されず、
「移植後は全員順調」というものの、データは示されていない。

土屋貴志・大阪市立大助教授(医療倫理学)は
「医療の結果が科学的に評価されていない。
経験だけに頼った『やってみた医療』とでもいうべきだ」と指摘する。

医療は一般のイメージよりはるかに不確実なもので、
患者の安全と人格権の尊重、科学的検証が重視されるようになった。

もはや「経験主義」で行う時代ではない。
にもかかわらず、職人的な古い感覚はなぜ消えないのか。

日本で臨床研究の手順や倫理審査が強調されるようになったのは、
近年のことだ。
インフォームドコンセントの理念が広まったのは90年代後半で、
新薬の臨床試験に文書同意を義務付ける薬事法改正は97年だった。

同年の臓器移植法施行前から脳死移植は水面下で相当数行われ、
表面化する度に移植医たちは「批判する方が古い」と主張した。

その後も、新しい手術法や薬の適応外(効能外)使用が
現場の医師だけの判断でしばしば行われてきた。
実験的医療への意識が薄いのは万波医師らだけではない。

「使える技術がある。患者も希望している。学会指針はともかく、法
律には触れていない」。

生殖医療の分野では、着床前診断や代理出産など
新しい技術を独断で実施した医師たちが、
そうした論理で正当性を主張している。

厚生労働省は2003年7月に示した「臨床研究の倫理指針」で、
国際原則に沿った手順を求めた。

しかし法的根拠も罰則もなく、
「診断や治療のみを目的とした行為」は対象外にしている。
「研究ではなく個々の患者を救う治療だ」と主張すれば、
ほぼ何でもできるのが現状だ。

土屋助教授は「同意さえあればよいというものではない。
第三者による事前評価と客観的な情報提供なしに実施に進めば、
医療者の独善を許すことになる」と強調する。

「実験的医療」と「通常の医療」の線引きを明確にし、
実効性のあるルールを確立しなければ、
似た問題が繰り返されるだろう。問われているのは日本の医療界全体だ。

YOMIURI ONLINE 2006 11 15

宇和島徳洲会病院(愛媛県宇和島市)の病気腎移植問題で、
万波誠医師(66)は、
ネフローゼを患った男性の両方の腎臓を
2004年9月に摘出して2人の患者に移植し、
その後、母親の提供で男性に腎移植したことを明らかにした。

関係者によると、4~5年ほど前、市立宇和島病院でも、
同様にネフローゼの患者から両方の腎臓を摘出して
移植に使ったケースがあったという。

両腎の摘出は、前例のない実験的な治療で、
医療倫理上、新たな議論を呼びそうだ。

この日、会見した万波医師によると、
両腎摘出を受けたのは愛媛県内の50歳代の男性。

ネフローゼを約30年前から患い、薬物治療を続けていたが、
大量のたんぱくが尿中に出てむくみがひどかった。

万波医師は、たんぱく漏出をなくす手段として、
腎臓を左右とも取ることを提案。
男性は治療に疲れ、摘出して他人に提供することに同意した。

04年9月、宇和島徳洲会病院で摘出。
二つの腎臓は同病院で2人の患者に移植された。

男性は、人工透析を続けた後、母親の提供で生体腎移植を受けたが、
腎臓の状態が悪化し、今年2月、再び院内で病気腎の移植を受けた。
男性は「今は元気で、たんぱくが出なくなった」という。

移植を受けた患者2人も状態は良好で、
ネフローゼだった二つの腎臓は機能している、と万波医師は説明した。

一方、関係者によると、これより早く、
万波医師が市立宇和島病院に勤務していた時にも、
ネフローゼの患者から両方の腎臓を取り出し、
親族関係のない男女にそれぞれ移植。
腎臓のなくなった患者には、同時手術で親族が提供した腎臓を移植したという。

市立宇和島病院での病気腎移植の数について、
万波医師は会見で「10件前後」「15件だったかも」とあいまいな返答で、
「ほとんどは院内で摘出した」と述べた。
病気腎の移植を受けた患者の状態については、
宇和島徳洲会病院での11件も含め、
「透析に戻ったケースはあるが、死亡例は聞いていない」と述べた。

 2006年11月08日 読売新聞

ネフローゼ、通常は薬物療法

「常軌を逸している」「人体実験だ」。
宇和島徳洲会病院(愛媛県宇和島市)で7日、
発覚した万波誠医師(66)らによるネフローゼ患者からの
両腎摘出・移植手術に対し、
他の医師からは驚きと批判の声が上がっている。

ネフローゼは、腎臓の糸球体などの機能異常で、
たんぱく質が尿へ大量に漏れる病気。

血液中のたんぱく質が減って全身がむくむ。
免疫系が自分の腎臓を攻撃するのが一因とされ、
治療はステロイド剤や免疫抑制剤の投与、
たんぱく質の補充などが行われる。
再発しやすく、長い期間を経て腎不全に陥る患者も多い。

仲谷達也・大阪市立大教授(泌尿器科)は
「ネフローゼで腎摘出など聞いたこともない。

たんぱく質が漏れなくなるという理屈だろうが、
それなら腎動脈をふさいで腎機能をなくす方法もある。
手術で体を傷つけることをどう考えているのか」とびっくりした様子。

万波医師はこの日の会見で「腎臓さえ取れば悪化は防げる」
「他人に移植すれば自己免疫反応が起きなくなり、
腎臓の機能が戻る」という考え方を、この移植の根拠として挙げた。

しかし仲谷教授は
「老廃物を排出する機能が残っている腎臓だから移植に使ったはず。
 両方摘出して透析や移植が必要な体にするのはおかしい」と批判する。

国立循環器病センター内科・高血圧腎臓部門の河野雄平部長も
「後から腎臓を移植しても、うまく働かないと透析が必要になる。
薬物療法を続けて腎機能を少しでも長持ちさせるのが基本。
医師としてのバランス感覚を欠いているのではないか」と話す。

大島伸一・日本移植学会副理事長の話
「これは人体実験にほかならない。発想は悪くないかもしれないが、
実行するには厳密な手続きも踏んで公表し、論評に堪える必要がある。
それを省き、『患者のために』という考えだけで
押し通すことは断じて認められない。
医師が患者の体にメスを入れることができるのは、
害よりも利益の方が多い時だけだ。万波医師の行為は、犯罪と言ってもよい」

2006年11月08日 読売新聞 

中国で日本人への臓器移植仲介を
営利目的で繰り返していた疑いが強まったとして、
神奈川県警などが、臓器移植法違反容疑で、
「中国国際臓器移植支援センター」(本部・中国遼寧省瀋陽市)の
長瀬博之代表(52)=横浜市=を
一両日中に事情聴取する方針を固めたことが2008年11月12日分かった。

県警などによると、長瀬代表は
平成16年ごろからインターネットのホームページ(HP)で、
応募してきた日本人患者に
中国人の臓器提供者をあっせんしたとされる。

HPなどによると、移植手術は上海や瀋陽、北京の提携先の病院で、
中国人医師が実施。
費用は手術も含めて腎移植が600万~750万円で、
肝移植は1300万~1800万円だった。
フィリピンへのあっせんもしていたという。

臓器仲介は営利目的疑い 
2008.12.10(Wed) (健  康)  コメント(0)   No.2763

   

  ← 熱烈なキスで 鼓膜が破裂  | TOP |  ハタハタ卵、拾うと10万円罰金 → 

COMMENT

COMMENT POST












投稿後の編集に必要です


管理者にだけ読んでほしい時はチェックを入れて



  ◆ ◆ ◆
送信確認画面に移ると 認証キーワード画面が現れます。

平仮名・カタカナを 半角数字に置き換えてください。
全角数字では投稿できません。
スパム防止のためなので ご協力お願いします。

Trackback

 この記事のURL: http://yuukan.blog6.fc2.com/tb.php/2763-7f93768d

 熱烈なキスで 鼓膜が破裂→  | TOP |  ←ハタハタ卵、拾うと10万円罰金 

  


常時録画式
ドライブレコーダー
[PaparazziAce]
信頼と品質の日本製です
 


1.NSマークのある火災警報器
2.国内メーカーの製品
3.電池寿命は10年
住宅用火災報知機はセコム

◆ 全記事 カテゴリー別題名一覧 ◆

・無料オンラインゲーム ・無料占い ・無料漫画
・無料音楽 ・チャットルーム ・ディズニーアイコン
・可愛いアイコン 
・レストラン検索サイト ・ファミレス
・食のテーマパーク
・テレビ番組での情報
・ケータリング
・出前店
・TVで紹介の
 レストラン
・和食店
・老舗・料亭のご案内
・寿司店 ・ホテルバイキング
・食べ放題店

・ぐるなびランチ-関東
・中華店
・洋食・デパ地下
・デザート
・すっぽん(鼈) ・駅ナカ ランチ
・医療情報 ・人体図形 ・脳・ムチ打ち関連
・癌(ガン)関連 ・眼科 関連 ・歯科 関連
・皮膚炎・アトピー関連 ・子宮筋腫・子宮内膜症 ・レディス科関連
・性病関連
・郵送血液検査 
・生活習慣病 関連 ・テレビで紹介された
 名医・病院
・最新医療 ・心臓しんとう
・救命救急
・ダイエット関連
・腰痛・肩こり体操&予防 ・美容整形・エステ ・介護タクシー
・有料老人ホーム ・美肌 スキンケア ・精神的な疲れ・うつ病
・料理レシピサイト ・お菓子レシピサイト
・ニュース ・テレビ局 ・ドラマ関連
・歌詞 検索 ・映画 演劇 ・出版社
・デパート・スーパー
・コンビニまっぷ
・ドコイク?
・携帯電話 関連  
・電車・バス
・旅客船 検索

・首都JR路線図
・首都地下鉄路線図
・JR東日本:路線図
・Infoseek 乗換案内
・乗換案内時刻表goo 路線
・えきから時刻表
・JR東日本:駅の時刻表
・高速バス:JTB
・高速バスを徹底比較
・サービスエリア情報
・SA・PA 日本地図から検索
・高速道路検索
・高速道路MAP
・首都高速
・首都高の地図
・首都高全体図
・日本道路交通情報センター
・driveplaza ドライブプラザ
・NEXCO(ネクスコ)東日本
・NEXCO中日本
・西日本高速道路株式会社
・日本地図検索
・日本地図
・世界旅行関連
・世界地図
・天気 予報
・電話番号検索
・郵便番号検索
   
・得する宿泊
・ホテル情報 

・大塚タウンホテル
・リッチモンドホテル東京目白
・格安チケット
・JR券・航空券
・レンタカー
・パッケージツアー
・100円バスで行く温泉特集
・格安海外旅行  ・ホテル 情報  ・テレビ番組からの
 ホテル情報

・観光経済新聞社
・タウンガイド(東京版)
・時間貸し駐車場(関東)

・タウンガイド(全国版)
・ドコイク?- 地図・店舗情報
羽田空港ターミナル BIG BIRD
羽田空港→山手線 割引切符
・東京駅エキナカGranSta
・東京駅周辺情報
・東京駅内ダイニングコート
東京駅内・駅弁屋旨囲門
・東京エキッチン
・有楽町イトシア
・品川駅ecute
・立川駅ecute
・スーパー銭湯情報  ・ネットカフェ情報
・カラオケBOX情報 
・お得なクーポン
・クーポン検索タウンピタ
・美術館 ・地域ライブ   
・女性専用サイト ・美容院・化粧品
・美容室検索サイト:e-stylist.jp
・霊・除霊
・スピリチュアル
・結婚相談所 ・法律・弁護士
・行政書士
・生活マナー
・生活相談 
・冠婚葬祭
・格安葬儀社 

・火葬プラン 佐藤葬祭
・家族葬ネット
・ペットの飼い主サイト ・住まい探し・宅配
・住宅リフォーム

・シェアハウスでルームシェア
・大島てるCAVEAT EMPTOR
・便利屋・鍵屋
・生活情報
・自動車免許教習所検索 ・自動車保険比較
・交通事故関連 

・日本交通事故鑑識研究所
・ドライブレコーダーWitness
・自動車
・バイク買取 
・生命保険 比較  
・通信販売
・クラソポット
・カタログ通販のセシール
・オットー・オンラインショップ
・カタログ通販 ニッセン
・ファッション通販 stylista
・MSN ショッピング
・Yahoo!ショッピング
・ランズエンド
・くらべる通販
・ショッピングサーチ・ ビカム
・書籍ショップ 
・格安チケット販売
・リサイクルショップ
・古美術商
・ディスカウントショップ ・レンタルショップ
・ネットで稼ぐには ・オークション ・フリーマーケット
・激安家電 ・激安パソコン ・激安コンタクトレンズ
・辞書・図鑑
・勉強・雑学
・パソコン
・ネット関連
・楽しく遊ぶための注意
・画像の保存方法 ・お小遣いサイト ・無料壁紙サイト

北海道 青森秋田岩手山形宮城 新潟福島群馬栃木茨城埼玉千葉東京神奈川静岡山梨長野富山石川福井岐阜愛知三重和歌山奈良大阪滋賀京都兵庫鳥取島根岡山広島山口香川徳島高知愛媛福岡 佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄

【日本地図:無料ホームページテンプレートの素材屋】【世界地図:三角形 井上恵介】

閲覧数 トップ 記事

LINK

★★★☆☆

検索&辞書

管理人

1日1回 クリック募金

1日1回 クリック募金2

counter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。