FC2ブログ
 TOP  > 想い出に残るお話

Total Pages 

■無料で遊べる有閑~ゆうかん~ゲーム&占い■


 ← クリスピー・クリーム・ドーナツ  | TOP |  大動脈瘤、大動脈解離 → 

 想い出に残るお話 

 
2007年10月16日 ()
想い出に残る、国語の教科書に載っていた話
のランキング順位が載っていました

■ごんぎつね 作:新美南吉

兵十が川で魚を捕っているのを、
いたずら好きな キツネのごんがみつけた。

兵十がびくから目を離した隙に、
ごんは兵十が捕った魚やウナギを逃がしてしまう。

それから10日ほど後 

兵十の母親の葬列(お歯黒が登場)を見たごんは、
あのとき逃がしたウナギは
兵十が母親のために用意していたものだと悟り 反省する。

自分と同じひとりぼっちになった兵十に同情したごんは、
ウナギを逃がした償いの意味もあって、
鰯を盗んで兵十の家に投げ込む。

だが、兵十が盗んだと勘違いした鰯屋が、
兵十を殴りつけ、ごんは再び反省する。

それからごんは毎日山で拾った栗や、
時には松茸を届けるようになる。

兵十は毎日届けられる栗を不思議に思い
加助に相談すると、「それは神様のおかげだ」と言われる。

その翌日、ごんが家に忍び込んだ気配に気づいた兵十は
またいたずらに来たのだと思い、
母親にウナギを食べさせられなかった無念もあり、
ごんを撃ってしまう。

倒れたごんの横に散らばる栗に気づき、
兵十が「おまえだったのか」と問いかけ、
ごんがうなずく。

兵十が思わず取り落とした火縄銃からは
青い煙がのぼっていた。

ごん狐 - Wikipediaより

■かさこじぞう 作:岩崎京子

■おむすびころりん 作:羽曽部忠

おじいさんが、いつものように山で木を切っていた。

昼になったので、
昼食にしようとおじいさんは切り株に腰掛け、
おばあさんの握った おむすびの包みを開いた。

すると、おむすびが一つ滑り落ちて、
山の斜面を転がり落ちていく。

おじいさんが追いかけると、
おむすびが木の根元に空いた穴に落ちてしまった。

おじいさんが穴を覗き込むと、何やら声が聞こえてくる。

辺りを見渡していると、誤って穴に落ちてしまう。

穴の中にはたくさんの白いネズミがいて、
おむすびのお礼にと、
大きい葛篭(つづら)と小さい葛篭を差し出し、
おじいさんに選ばせた。

おじいさんは小さい葛篭を選んで家に持ち帰った。

家で持ち帰った葛篭を開けてみると、
たくさんの財宝が出てきた。

これを聞きつけた隣りのおじいさんは、
同じようにおむすびを蹴って穴に無理矢理入れた。

おじいさんは自分から穴に入っていき、
土産をよこせと怒鳴りつけた。

ネズミが大きい葛篭と小さい葛篭を選ばせたが、
欲張りなおじいさんはネコの鳴き真似をしてネズミを脅し、
両方の葛篭を持って帰ろうとした。

ところがネズミはおじいさんに噛み付いたので、
おじいさんは降参した。

おむすびころりん - Wikipedia 

■大きなかぶ 作:ロシア民話
アレクセイ・ニコラエヴィチ・トルストイ

おじいさんが、甘い大きなかぶを作ろうと
かぶを植えました。

そして、とっても大きなかぶができました。

おじいさんは
「うんとこしょ どっこいしょ」と
抜こうとしますが抜けません。

おばあさんを呼んで来て、
おばあさんがおじいさんを引っぱって、
おじいさんがかぶを引っぱりますが、
それでもかぶは抜けません。

まご娘、いぬ、ねこと
増えるたび「うんとこしょ どっこいしょ」・・・
それでもかぶは抜けません。

ねこにねずみも加わって
「うんとこしょ どっこいしょ」・・・
そして、やっとかぶが抜けました。

絵本ナビ

■スーホの白い馬 作:モンゴル民話/大塚勇三再話

ある日、遊牧民の少年スーホは
帰り道で倒れてもがいていた白い子馬を拾い、
その子馬を育てる。

それから数年後、
領主が自分の娘の結婚相手を探すため競馬大会を開く。

スーホは立派に成長した白い馬に乗り、
見事競馬大会で優勝する。

しかし、領主は貧しいスーホを娘とは結婚させず、
さらには白い馬を自分に渡すよう命令する。

だが、スーホはその命令を拒否し、
領主の家来達に暴行され 命辛々家へ辿り着くが、
白い馬を失った悲しみは消えなかった。

その頃、白い馬は領主が宴会をしている隙を突いて
逃げ出すが、その際家来達の放った矢が
体中に刺さりスーホの所へ戻った次の日に死んでしまう。

スーホは幾晩も眠れずにいたが、
ある晩ようやく眠りにつき、夢の中で白馬をみる。

白馬は自分の死体を使って楽器を作るように
スーホに言い残した。

そうして出来たのがモリンホール(馬頭琴)であった……。

スーホの白い馬 - Wikipediaより

■注文の多い料理店 作:宮沢賢治

イギリス風の身なりで猟銃を構えた2人の青年紳士が
山奥に狩猟にやってきたが、
獲物を一つも得られないでいた。

やがて山の空気はおどろおどろしさを増し、
山の案内人が途中で姿を消し、
連れていた猟犬が2匹とも恐ろしさに泡を吹いて
死んでしまっても、彼らは「2千何百円の損害だ」と、
表向き金銭的な損失だけを気にする。

しかし、山の異様な雰囲気には気付いたらしく、
宿へ戻ろうとするが、山には一層強い風が吹き、
木々がざわめいて、帰り道を見つけることができない。

途方に暮れたとき、青年たちは西洋風の一軒家を発見する。

そこには「西洋料理店 山猫軒」と記されており、
2人は安堵して店内へと入っていく。

入ってみると、
「当軒は注文の多い料理店ですからどうか
 そこは ごしょうちください。」という
注意書きがあるのに気付く。

「髪をとかして、履き物の泥を落とすこと」

「金属製のものを全て外すこと」など

「いろいろ注文が多くてうるさかったでしょう。

 お気の毒でした。

 もうこれだけです。

 どうかからだ中に、壷の中の塩をたくさん

 よくもみ込んでください。」

「西洋料理店」とは、
「来た客に西洋料理を食べさせる店」ではなく、
「来た客を西洋料理として食ってしまう店」を意味していた。

気付くと、戻る扉は開かず、前の扉からは目玉が二つ、
鍵穴からこちらを見つめている。

あまりの恐ろしさに二人は身体が震え、何も言えず、
ただただ泣き出してしまい、
顔は紙くずのようにくしゃくしゃになってしまう。

そのとき、後ろの扉を蹴破って、
死んだはずの2匹の犬が現れ 先の扉に向かって突進していく。

格闘するような物音が聞こえたあと、
気付くと屋敷は跡形もなく消え、
2人は寒風の中に服を失って立っているのに気付く。

そこへ山の案内人が現れ、二人は宿へと、
やがて都会へと帰っていったが、
恐ろしさのあまりくしゃくしゃになった顔は、
どうやっても元には戻らなかった。

注文の多い料理店 - Wikipediaより


■夕鶴 作:木下順二

■スイミー 作:レオ=レオニ

スイミーは小さな魚。

ただ、兄弟がみんな赤い魚だったのに、
スイミーだけは真っ黒な小魚だった。

大きな海で暮らしていたスイミーと兄弟たちだったが、
大きなマグロに兄弟を食べられてしまい、
泳ぎが得意だったスイミーだけがなんとか助かる。

兄弟を失ったスイミーは
さまざまな海の生き物たちに出会いながら放浪するうちに、
岩の陰に隠れてマグロに怯えながら暮らす、
兄弟そっくりの赤い魚たちをみつける。

スイミーは一緒に泳ごうと誘うのだが、
マグロが怖いからと小魚たちは出てこない。

そこでスイミーは
マグロに食べられることなく自由に海を泳げるように、
みんなで集まって大きな魚のふりをして泳ぐことを提案する。

そしてスイミーは
自分だけが黒い魚なので、
自分が目になることを決意するのだった。

かくして、小魚たちはマグロを追い払い、
岩陰に隠れることなく
海をすいすい泳げるようになったのであった

スイミー - Wikipediaより

■手ぶくろを買いに 作:新美南吉

雪の朝、表を走り回って帰ってきた子狐の
冷え切った手を握りながら、
母さん狐は手袋を買ってやろうと思いついた。

夜になって町に出かける途中で、
母さん狐は子狐の片手を握って人間の子供の手に変えた。

そして子狐に、
町の帽子屋へ行って戸を少しだけ開けたら、
人間の方の手を出して「手袋をください」と言うように、
と教えた。

間違って狐の手を出してしまうとひどい目に遭うからと。

子狐は町に着くと帽子屋を見つけ戸を叩いた。
帽子屋が戸を開けた拍子に差し込んだ光がまぶしくて、
子狐はつい狐の方の手を出して、
「手袋をください」と言ってしまった。

帽子屋は、狐だなと思ったけれども
出されたお金が本物であることを確認すると
黙って手袋を渡してやった。

帰り道、家の中から聞こえる子守歌を聴きながら
帰った子狐は母さん狐に「人間ってちっとも恐かない」と、
間違った手を出したけれど
帽子屋は手袋を売ってくれたことを話した。

母さん狐はあきれながら、
「ほんとうに人間はいいものかしら」とつぶやいて
物語は終わる。

手袋を買いに - Wikipediaより 

■モチモチの木 作:斎藤隆介

峠の猟師小屋にじさまと住む豆太は臆病者で、
夜はじさまを起こさないと便所に行けないほど。

家の前にある「モチモチの木」と名づけたトチの木が
怖いのであった。

そんなある晩、じさまは腹痛で苦しみだす。

じさまを助けるには暗闇の中医者を
呼びにいかなければならない。

豆太は勇気を振り絞り医者を呼びに行き、
じさまは助かる。

しかし相変わらず豆太は
じさまを起こさないと便所に行けないのであった。

モチモチの木 - Wikipediaより

■ちいちゃんのかげおくり 作:あまんきみこ

「かげおくり」って遊びをちいちゃんに教えてくれたのは
お父さんでした。

出征する前の日、
お父さんは、ちいちゃん、お兄ちゃん、お母さんをつれて、
先祖の はかまいりに行きました。

その帰り道、青い空を見上げたお父さんが、つぶやきました。

「かげおくりのよくできそうな空だなあ。」

「えっ、かげおくり?。」

と、お兄ちゃんがきき返しました。

「かげおくりって、なあに。」

と、ちいちゃんもたずねました。

「十、数える間、かげぼうしをじっと見つめるのさ。

 十、と言ったら、空を見上げる。

 すると、かげぼうしがそっくり空にうつって見える。」

と、お父さんが説明しました。

「父さんや母さんが子どもの時に、よく遊んだものさ。」

「ね。今、みんなでやってみましょうよ。」

と、お母さんが横から言いました。

ちいちゃんとお兄ちゃんを中にして、
四人は手をつなぎました。

そして、みんなで、かげぼうしに目を落としました。

「まばたきしちゃ、だめよ。」

と、お母さんが注意しました。

「まばたきしないよ。」
ちいちゃんとお兄ちゃんが、やくそくしました。

「ひとつ、ふたつ、みいつ。」
と、お父さんが数えだしました。

「ようつ、いつつ、むうつ。」
と、お母さんの声も重なりました。

「ななつ、やっつ、ここのつ。」
ちいちゃんとお兄ちゃんも、いっしょに数えだしました。

「とお。」

目を空にうつすと
四つのかげぼうしが、すうっと空に上がりました。

「すごい。」 と、お兄ちゃんが言いました。

「すごい。」 と、ちいちゃんも言いました。

「今日の記念写真だなあ。」
と、お父さんが言いました。

次の日、お父さんは、戦に行きました

「体の弱いお父さんまで、
 戦争に行かなければならないなんて。」
お母さんがぽつんと言いました。

ちいちゃんとお兄ちゃんは、
「かげおくり」をして遊ぶようになりました。

バンザイをした「かげおくり」。

足を開いた「かげおくり」。

いろいろなかげを空に送りました。

けれど、いくさがはげしくなって
この町の空にも、しょういだんや ばくだんをつんだ
飛行機が、とんでくるようになりました。

ある夏の初めの夜、空襲警報のサイレンが鳴り、
お母さんはお兄ちゃんとちいちゃんをつれて
家を飛び出しました。

でもちいちゃんは、途中で人ごみの中、
お母さん達とはぐれてしまいます・・

「お母ちゃん、お母ちゃん。」
ちいちゃんはさけびました。

そのとき、知らないおじさんが言いました。

「お母ちゃんは、後から来るよ。」
そのおじさんは、ちいちゃんを抱いて走ってくれました。

暗い橋の下に、たくさんの人が集まっていました。

ちいちゃんの目に、お母さんらしい人が見えました。

「お母ちゃん。」
と、ちいちゃんがさけぶと
その人はお母さんではありませんでした。

ちいちゃんは、ひとりぼっちになりました。
ちいちゃんは、たくさんの人たちの中でねむりました。

朝になりました。
町の様子は、すっかり変わっています。

あちこち、けむりがのこっています。

近所のおばさんが
「お母ちゃんは。お兄ちゃんは。」
と、ちいちゃんにたずねました。

ちいちゃんは、泣くのをやっとこらえて言いました。

「おうちのとこ。」
「そう、おうちにもどっているのね。
 おばちゃん、今から帰るところよ。
 いっしょに行きましょうか。」

おばさんは、ちいちゃんの手をつないでくれました。
二人は歩きだしました。

家は、やけ落ちて なくなっていました。

「ここがお兄ちゃんとあたしの部屋。」
ちいちゃんがしゃがんでいると、おばさんが言いました。

「おかあちゃんたち、ここに帰ってくるの?。」

ちいちゃんは、深くうなずきました。

「じゃあ、だいじょうぶね。」
ちいちゃんは、また深くうなずきました。

その夜、ちいちゃんは、
こわれかかった お家で ねむりました。

「お母ちゃんとお兄ちゃんは、きっと帰ってくるよ。」

明るい光が顔に当たって、目がさめました。
「まぶしいな。」

ちいちゃんは、暑いような寒いような気がしました。
ひどくのどがかわいています。

いつの間にか、太陽は、高く上がっていました。

そのとき

「かげおくりのよくできそうな空だなあ。」
というお父さんの声が、青い空から聞こえてきました

「ね。今、みんなでやってみましょうよ。」
というお母さんの声も、青い空から。

ちいちゃんは、ふらふらする足をふみしめて立ち上がると、
たった一つのかげぼうしを見つめながら、
数えだしました。

そうすると 一緒に お父さんの声 おかあさんの声
お兄ちゃんの声も聞こえてきました

「ひとつ ふたつ みっつ よっつ」

最後に「とおう」ちいちゃんが空を見上げると、

青い空に、 くっきりと かげが 四つ。

「お父ちゃん。」

ちいちゃんはよびました。

「お母ちゃん、お兄ちゃん。」

そのとき
ちいちゃんの体が 
すうっと空にすいこまれていくのが分かりました。

一面の空の色。ちいちゃんは、
空色の花畑の中に立っていました。

「きっと、ここ、空の上よ。」
と、ちいちゃんは思いました。

そして 
お父さん お母さんに お兄ちゃんが
ちいちゃんを 笑顔で迎えました。

夏のある朝

小さな女の子の命が空に消えました。

それから何十年もたった今、
ちいちゃんが最後にひとりでかげおくりをした所は
公園になっていました。


■大造じいさんとがん 作:椋鳩十

■サリバン先生との出会い 作:ヘレン=ケラー

■きかん車やえもん 作:阿川弘之

ある支線が通じる田舎の町のちいさな機関庫に
「やえもん」という名の蒸気機関車がおりました。

やえもんは年寄り機関車で、
今日も同じ位年寄りの小さな客車を引いて、
大きな駅との間と行ったり来たりしています。

大きな駅では電気機関車などに
「びんぼうぎしゃ」と馬鹿にされますが、
自分は まだまだ走れると腹を立てます。

ところが、あまり腹を立てたために
火の粉が煙突から飛び出し、
線路際の田んぼのわらに火がついて
火事が起きてしまいました。

火事を起こした やえもんは走ることができなくなり、
とうとう こわされることになってしまいます。

そこへ博物館の館長が来て、
博物館に 展示させてほしいといわれ、
やえもんは 博物館に展示されました

■くじらぐも 作:中川李枝子

■つり橋わたれ 作:長崎源之助

■ふきのとう 作:工藤直子

■ヒロシマの歌 作:今西祐行

■赤い実はじけた 作:名木田恵子

■一つの花 作:今西祐行

■白いぼうし 作:あまんきみこ

■花いっぱいになあれ 作:松谷みよ子

■ろくべえまってろよ 作:灰谷健次郎

ろくべえが、あなに おちているのを、
さいしょに みつけたのは、えいじくんです。

「まぬけ。」と、かんちゃんが いいました。

いぬのくせに、あなに おちるなんて、
じっさい、まぬけです。

あなは、ふかくて、まっくらです。

なきごえで、ろくべえ という ことは、
わかりますが、すがたは、みえません。・・・

暗い穴の中に落ちちゃった
犬のろくべぇを子供達で助け出すお話です。

■白い風船 作:遠藤周作

■化けくらべ 作:松谷みよ子

■太郎こおろぎ 作:今西祐行

太郎は、クラスのガキ大将。

友達の消しゴムが、
教室の床の節穴から床下に落ちてしまう。

それを拾うため、太郎が授業中、床下にもぐりこむ。

そわそわした友達の様子に 
先生が どうしたのか?と訊かれ

とっさに、「こおろぎがいたんです」と。

すると床下から「り、り、り、…」と
こおろぎの鳴き声が…。

それは、太郎がこおろぎの声をまねして
鳴いていたのです。


■ガラスの小びん 作:阿久悠

■子ねこをだいて 作:那須正幹

■かっぱのかげぼうし 作:清水達也

■宇宙人の宿題 作:小松左京

デジタル絵本サイト

2007.10.16(Tue) (ランキング)  コメント(0)   No.1030

   

  ← クリスピー・クリーム・ドーナツ  | TOP |  大動脈瘤、大動脈解離 → 

COMMENT

COMMENT POST












投稿後の編集に必要です


管理者にだけ読んでほしい時はチェックを入れて



  ◆ ◆ ◆
送信確認画面に移ると 認証キーワード画面が現れます。

平仮名・カタカナを 半角数字に置き換えてください。
全角数字では投稿できません。
スパム防止のためなので ご協力お願いします。

Trackback

 この記事のURL: http://yuukan.blog6.fc2.com/tb.php/1030-f7fe04d8

やはり優れた作品だと思う。一握りの人々の青春を書くことで、普遍的な時代精神が見事に表現されている。成熟するということは、醜悪な現実と闘う為の「仮面」や「よろい」を身に付けることだ。これは思春期の純粋性を捨て、自分自身が醜くなることでもある。これを易々と...
[ 2007.12.29(Sat) 08:18 ] めぐみのブログ

 クリスピー・クリーム・ドーナツ→  | TOP |  ←大動脈瘤、大動脈解離 

  


常時録画式
ドライブレコーダー
[PaparazziAce]
信頼と品質の日本製です
 


1.NSマークのある火災警報器
2.国内メーカーの製品
3.電池寿命は10年
住宅用火災報知機はセコム

◆ 全記事 カテゴリー別題名一覧 ◆

・無料オンラインゲーム ・無料占い ・無料漫画
・無料音楽 ・チャットルーム ・ディズニーアイコン
・可愛いアイコン 
・レストラン検索サイト ・ファミレス
・食のテーマパーク
・テレビ番組での情報
・ケータリング
・出前店
・TVで紹介の
 レストラン
・和食店
・老舗・料亭のご案内
・寿司店 ・ホテルバイキング
・食べ放題店

・ぐるなびランチ-関東
・中華店
・洋食・デパ地下
・デザート
・すっぽん(鼈) ・駅ナカ ランチ
・医療情報 ・人体図形 ・脳・ムチ打ち関連
・癌(ガン)関連 ・眼科 関連 ・歯科 関連
・皮膚炎・アトピー関連 ・子宮筋腫・子宮内膜症 ・レディス科関連
・性病関連
・郵送血液検査 
・生活習慣病 関連 ・テレビで紹介された
 名医・病院
・最新医療 ・心臓しんとう
・救命救急
・ダイエット関連
・腰痛・肩こり体操&予防 ・美容整形・エステ ・介護タクシー
・有料老人ホーム ・美肌 スキンケア ・精神的な疲れ・うつ病
・料理レシピサイト ・お菓子レシピサイト
・ニュース ・テレビ局 ・ドラマ関連
・歌詞 検索 ・映画 演劇 ・出版社
・デパート・スーパー
・コンビニまっぷ
・ドコイク?
・携帯電話 関連  
・電車・バス
・旅客船 検索

・首都JR路線図
・首都地下鉄路線図
・JR東日本:路線図
・Infoseek 乗換案内
・乗換案内時刻表goo 路線
・えきから時刻表
・JR東日本:駅の時刻表
・高速バス:JTB
・高速バスを徹底比較
・サービスエリア情報
・SA・PA 日本地図から検索
・高速道路検索
・高速道路MAP
・首都高速
・首都高の地図
・首都高全体図
・日本道路交通情報センター
・driveplaza ドライブプラザ
・NEXCO(ネクスコ)東日本
・NEXCO中日本
・西日本高速道路株式会社
・日本地図検索
・日本地図
・世界旅行関連
・世界地図
・天気 予報
・電話番号検索
・郵便番号検索
   
・得する宿泊
・ホテル情報 

・大塚タウンホテル
・リッチモンドホテル東京目白
・格安チケット
・JR券・航空券
・レンタカー
・パッケージツアー
・100円バスで行く温泉特集
・格安海外旅行  ・ホテル 情報  ・テレビ番組からの
 ホテル情報

・観光経済新聞社
・タウンガイド(東京版)
・時間貸し駐車場(関東)

・タウンガイド(全国版)
・ドコイク?- 地図・店舗情報
羽田空港ターミナル BIG BIRD
羽田空港→山手線 割引切符
・東京駅エキナカGranSta
・東京駅周辺情報
・東京駅内ダイニングコート
東京駅内・駅弁屋旨囲門
・東京エキッチン
・有楽町イトシア
・品川駅ecute
・立川駅ecute
・スーパー銭湯情報  ・ネットカフェ情報
・カラオケBOX情報 
・お得なクーポン
・クーポン検索タウンピタ
・美術館 ・地域ライブ   
・女性専用サイト ・美容院・化粧品
・美容室検索サイト:e-stylist.jp
・霊・除霊
・スピリチュアル
・結婚相談所 ・法律・弁護士
・行政書士
・生活マナー
・生活相談 
・冠婚葬祭
・格安葬儀社 

・火葬プラン 佐藤葬祭
・家族葬ネット
・ペットの飼い主サイト ・住まい探し・宅配
・住宅リフォーム

・シェアハウスでルームシェア
・大島てるCAVEAT EMPTOR
・便利屋・鍵屋
・生活情報
・自動車免許教習所検索 ・自動車保険比較
・交通事故関連 

・日本交通事故鑑識研究所
・ドライブレコーダーWitness
・自動車
・バイク買取 
・生命保険 比較  
・通信販売
・クラソポット
・カタログ通販のセシール
・オットー・オンラインショップ
・カタログ通販 ニッセン
・ファッション通販 stylista
・MSN ショッピング
・Yahoo!ショッピング
・ランズエンド
・くらべる通販
・ショッピングサーチ・ ビカム
・書籍ショップ 
・格安チケット販売
・リサイクルショップ
・古美術商
・ディスカウントショップ ・レンタルショップ
・ネットで稼ぐには ・オークション ・フリーマーケット
・激安家電 ・激安パソコン ・激安コンタクトレンズ
・辞書・図鑑
・勉強・雑学
・パソコン
・ネット関連
・楽しく遊ぶための注意
・画像の保存方法 ・お小遣いサイト ・無料壁紙サイト

北海道 青森秋田岩手山形宮城 新潟福島群馬栃木茨城埼玉千葉東京神奈川静岡山梨長野富山石川福井岐阜愛知三重和歌山奈良大阪滋賀京都兵庫鳥取島根岡山広島山口香川徳島高知愛媛福岡 佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄

【日本地図:無料ホームページテンプレートの素材屋】【世界地図:三角形 井上恵介】

閲覧数 トップ 記事

LINK

★★★☆☆

検索&辞書

管理人

1日1回 クリック募金

1日1回 クリック募金2

counter